シミを消す

MENU

シミの予防2 ストレス回避

その1に続いてシミの予防法をお話しします。

 

美容睡眠を心がけましょう。
成長ホルモンがよく分泌される22時〜2時に睡眠をとる事です。
ダメージを受けた細胞が修復されたり、肌のターンオーバーが活発になります。
成長ホルモンが多く分泌されるとシミが出来にくくなります。

 

肌に潤いを与える事も重要です。
潤いがあるとターンオーバーが正常に行われるからです。
化粧水、乳液、美容液、保湿液と、自分に合うものを入念に使うようにしましょう。
仕事中でも肌が渇いたなと思ったらスプレーに化粧水を入れておいて、1吹き2吹きかけてあげる事をお勧めします。

 

ビタミン・ミネラルを摂るようにしましょう。
ビタミン・ミネラルは細胞を修復しターンオーバーを正常に行えるようにする働きがあります。
偏った食生活でこれらを含まない食品ばかり食べていると、シミが出来やすくなってしまいます。
偏った食生活を変えられないという人は、気を付けて足りないと思われる栄養素をサプリメントで補うようにしましょう。

 

ストレスもシミを作る原因になりますが、その主な要因は血行が悪くなる事です。
ストレスで自律神経の交感神経が優位になると、血管が収縮します。
それによって血行が悪くなるのです。
血行が悪いと肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、メラニンがたまってシミが出来ます。
ですから、ストレスを避けられない場合は血行にだけは注意するようにしましょう。

 

お風呂に入る事は欠かさないようにしましょう。
湯船につかる事は血行の事だけでなく、ストレス自体も軽減させます。
そして忙しくても運動するようにしましょう。
血行が良くなりますし、運動自体もストレスを軽減してくれます。
運動が難しい場合は一駅歩くのでも効果ありです。