シミを消す

MENU

日焼け止めの選び方

ここではどんな日焼け止めを買えばいいのかをご説明します。

 

日焼け止めにもいくつか種類があるので、シミ予防ならそれにあった日焼け止めを選びましょう。
ではどの日焼け止めがいいかをお教えします。
紫外線には波長の違いによって3種類に分けられます。
UV-A、UV-B、UV-Cの3つです。
この中でシミを引き起こす紫外線はUV-Bです。
(UV-Aは皮膚の奥の真皮まで達しシワたるみを引き起こします。)
(UV-Cは皮膚がんの原因になります。地上まではほとんど届きません。)

 

UV-BはUV-Aと違って真皮までは届きませんが、皮膚の表面を攻撃してメラニンを生成させてしまします。
シミ予防にはいかにこのUV-Bをカットしてあげるかを考えないといけません。

 

ところで、日焼け止めの効果の表示に「PA」と「SPF」と書いてあるのを見たことがありませんか?
シミしわに関係するUV-BをカットするのはSPFという方の値が重要になってきます。
SPFとはサン・プロテクション・ファクターの略で、日焼けが始まる時間をどれだけ後ろに伸ばせるかという事を示した値です。
SPFの計算式で出た時間の間だけ日焼けしないという意味です。
計算式はこうです。
SPF○と書いてあったら、20分×○=日焼けしない時間、です。
例えばSPF30であれば、20分×30=600分=10時間は日焼けしないということです。

 

ですから、シミ予防を考えるならこのSPFが出来るだけ高い日焼け止めを選ぶようにしましょう。