シミを消す

MENU

シミが出来るメカニズム

シミの正体が分かったところで、続いてはシミがどうやって出来ていくのか、そのメカニズムを解説いたします。
メカニズムを知ると、それを経つことがシミ対策になると分かるからです。
シミのメカニズムを理解しておけば、その対策も正しく行うことが出来るという事です。
メカニズムを理解していないと、うろ覚えの的外れなやり方になってしまう事があるからです。

 

メラニンはメラノサイト(色素形成細胞)の中で生まれます。
その中で、チロシンというアミノ酸が何回も化合・変化して最終的にメラニンになります。
出来たメラニンは通常、皮膚のターンオーバー(新陳代謝で剥がれ落ちる事)によって、垢となって排出されます。
ところが何らかの理由で排出しきれず残ってしまったラニンがシミになるのです。

 

角化細胞が紫外線でダメージを受けると、メラノサイトにメラニンを作る命令を出します。
1度でなく出し続けるように命令を繰り返すのです。
そしてメラノサイトが過剰にメラニンを作り出し、排出しきれなくなりシミになるのです。
また、ホルモンもメラノサイトにメラニンを作り出す命令を出します。

 

加えて様々な理由でターンオーバー自体がうまく行われず、メラニンをためてしまう原因にもなります。
ターンオーバーを乱す原因は以下のようなことがあります。

 

加齢によるものや、物理的な摩擦によるもの、紫外線によるダメージ、ホルモンバランスの乱れ、喫煙など有害物質によるビタミンCの破壊、冷え等による血行不良、ニキビや炎症によって起こります。