シミを消す

MENU

シミが出来やすい人1 敏感肌

残念ながら、生まれつきシミが出来やすい人と出来にくい人がいます。
これは仕方のない事です。
生まれつき背が高い人、背が低い人、肌が黒い人、白い人、お酒に強い人、弱い人、毛深い人、薄い人がいるのと同じ事です。
今回はどのような人がシミが出来やすく、どのような人がシミが出来にくいのかをお話しします。
自分がどちらに当てはまるかを考えて、対策に役立ててみてください。

 

まずは肌がダメージに敏感な人です。
メラノサイトを刺激してメラニン色素が作られやすい体質です。
例えば蚊に刺された時の赤みがおおきくなりやすかったり、かゆみが他の人よりひどかったりする人です。
また皮膚がアレルギー体質の人もダメージに敏感なのでシミが出来やすいです。
皮膚がアレルギー体質かを判断する簡単な方法があります。
シャープペンを使います。
芯を中に入れて先だけの状態にして、その先を腕の内側に当てて軽く10センチほどひっかくように線を引いてみてください。
これで特に何も変化がない人はアレルギー体質ではありません。
しばらくすると赤くみみずばれになる人はダメージに弱いアレルギー肌の人です。

 

続いては、肌のダメージがなかなか引かない人です。
肌のターンオーバーがうまくいかず、メラニンを排出できない体質です。
蚊に刺された赤みがなかなか引かなかったり、引いても黒ずみとして残りやすい人です。
ニキビあとが治りにくい人も要注意です。
昔はニキビあとがすぐ消えていたのに、年齢とともに1週間以上消えにくくなったという人は、シミができやすくなってきたというサインですので要注意です。