シミを消す

MENU

シミが出来やすい人2 血行不良

シミが出来やすい体質をその1に続いて解説します。

 

色白の人もシミが出来やすいと言われています。
紫外線に弱いためダメージを受けやすく、メラニンが作られた後ターンオーバーがうまくいかず、そのままメラニンが沈着してしまう事が多いのです。
色黒の人はそもそもそれほどメラニンを作らなくても皮膚がダメージを受けませんし、うまく紫外線を防ぐことが出来るので細胞が傷つかず、ターンオーバーも正常に行われるのです。
必然的に白人の人にはシミが多いです。
日光黒子と肝斑の両方が出来やすいです。

 

冷え性の人や血流が悪い人もシミが出来やすいです。
血行が悪いと皮膚のターンオーバーが滞りやすく、メラニンがたまりやすいのです。
肩こりの人も血流が悪くなっている可能性がありますから注意が必要です。
顔色が悪い人も顔の血流が悪い可能性があります。
一日の運動量が少ない人も、そうでない人に比べて血流は悪いです。
特に、下半身の筋肉が弱い人は注意です。
筋肉の70%は下半身にあり、その筋肉を使う事で血液を心臓に送り返しているからです

 

ストレスが多い人も厳しいです。
一時的なストレスであればいいですが、ストレスがずっと続くような仕事についている人は要注意です。
ストレスが血流を悪くして、肌のターンオーバーをにぶらせるからです。
また女性であればストレスがホルモンバランスを乱し、黄体ホルモンが優位になるとメラニンの生成を促進してしまいます。

 

アウトドアが好きな人も注意しましょう。
紫外線にさらされる時間が長くなるからです。
シミのほとんどの原因は紫外線です。
屋外スポーツ選手の顔を見てみれば分かると思いますが、20代でもシミが多い人がいます。