シミを消す

MENU

シミの予防1 紫外線対策

ここからは具体的なシミの予防策をお話しします。
シミを消しても新しいシミが出来たり、今あるシミが濃くなってしまっては意味がありませんので、予防策はしっかり押さえておくようにしましょう。

 

まずは紫外線対策です。
スタンダードなところで言うと日焼け止めを塗る事です。
UV化粧品もあります。
紫外線は感じないだけで1年中降り注いでいます。
夏以外も塗るようにしましょう。
腕も気になる方は腕にも塗るようにしましょう。

 

腕のシミを気にする方は日焼け止めを塗るだけでなく、そもそも長そでを着て肌を出さないようにした方が良いです。
また顔に日光が当たらないように帽子をかぶる事や、上半身全体を覆うために日傘を差す事もおすすめです。
最近ではおしゃれな日傘も出ています。

 

またあまり知られていませんが、日焼け・シミ対策でサングラスをすることも勧められています。
これはまぶしいからやファッションのためだけではありません。
意外と知られていませんが、肌が紫外線を受けるだけでなく、紫外線が眼球に入る事によって脳がメラニンを作る指令を出しているのです。
ですから、完全防備をして体に紫外線が当たらなかったとしても、眼球に紫外線が入ればメラニンは生成されていくという事です。
最近では日焼け・シミ対策としてサングラスをかける人が増えてきています。

 

ダメージを受けた細胞を修復したり、肌のターンオーバーをしたり、それらが最も活発に行われる時間が22時〜2時の間です。
この間に成長ホルモンが分泌されるからです。
この時間に睡眠をとる事を美容睡眠といいます。
お肌のために早く寝る事を心がけましょう。